LUNEの世界

人形遣いLUNEの綴るエッセイ。アーティストLUNEよりメッセージ 活動・最新情報をお届けするブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品が出来る過程。

今朝方の夢は、現実っぽいもので目覚めても記憶に残っています。

私がおもう作品とは、人生論であるから環境が悪ければ出てくる色も重たくなります。

台本上では、明るい内容でも現実が重たければ実情をあらわす方法をとっているから最近は少し重たい。

苦労してない人には、理解できない事も自身が似たような経験をしていたら痛みがわかるので、引きずってしまう。

役者の方には、芝居になっていないと言われますが、表現の自由というかルネにはルネの世界観があるので己の表現を貫いていきたいとおもってます。

次があるからとやってる人みたいな感覚はなく毎回、これが最後の公演になるかもと意識があるから私特有の色があるのかもしれません。

表現者にとって、つくりものは魅力などなくシビアであるがノンフィクションの苦楽が、根底になければとおもい作品を仕上げたいとおもいます。

Comment

NoTitle 

表現は、技術ではなくその人の経験や感情がダイレクトに伝わってしまいます。だから面白くもあり、時に残酷でもある・・、LUNEさんの舞台にはいつもある独特の時空間が流れている気がします。
  • posted by リー 
  • URL 
  • 2009.11/29 17:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

人形遣いLUNE

Author:人形遣いLUNE
☆LUNEの世界へようこそ☆
ここでは舞台メッセージに加えてプライベートにも語ります。
謎多きLUNEの素顔・・お楽しみください☆

最新記事

もっとLUNEを知りたいあなたへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。